最近の主な研修・セミナー風景

もう人間関係で悩まない! 心地良い関係を築くためのコミュニケーション 2016.10.13

私が所属しているNPO法人マザーズサポーター協会は、あすてっぷKOBE(神戸市男女共同参画センター)の登録グループです。今回は、登録グループの企画・発信DAYのセミナーの講師を務めました。

コミュニケーションに苦手意識のある方身近な人間関係で悩んでいる方、チラシを見て直観で来てくださった方、今は悩みはないけれど、今後の子育てやママ友との付き合いに備えて・・・など、幅広い年齢の方々が、様々な目的で参加してくださいました。いつものように、ワークやゲームをふんだんに取り入れ、体感していただきながら進めました。

「『私もこんな失敗したことがあるんです』と、先生が本音で話してくださったので、ホッとすると同時に、お話しされる内容が、スーッと心に入ってきました。」

「受講生に接する態度や姿勢を見ていて、器の大きい方だと感じました。」等、

嬉しい感想をいただきました。

株式会社リベラル 働きやすい・働き続けたい職場を作るコミュニケーション 2016.3.17

株式会社リベラル様は、平成27年度ひょうご仕事生活のバランス企業表彰を受けた会社。

短時間正社員制度やフレックスタイムの導入、事業所内託児所の整備など、子育て中の女性が働きやすい職場づくりに取り組んでいらっしゃいます。

 

石井社長は、ご自分が3人の子育てをしながら、派遣社員としてさまざまな職種を経験してきたそうです。
女性が働くことへの理解が今ほどない時代。
子どもが熱を出した時など、先輩の女性社員の助けを借りながらなんとか続けてこられた。
そうやって支えてもらった分を、今度は自分が次の世代に還元したいと思われ、15年前に創業されたとのことでした。
そんなリベラル様が、今以上に働きやすい、働き続けたい職場になるために、何を意識し、どんなコミュニケーションが効果的なのか・・・ワークをしながら実践的な研修を行いました。

(公財)日本電信電話ユーザ協会セミナー 部下の主体性を育てる「叱り方」「褒め方」2015.11.9

この仕事をしていて、リピートオーダーほど嬉しいものはありません。

昨年のセミナー「信頼関係を築く『叱り方』」が好評だったとのことで、再度ご依頼をいただきました。

今年は、「褒め方」も含めて1日研修を実施しました。

「叱る」「褒める(認める)」も、部下を育てていく上で欠かせないコミュニケーション。

両方を効果的に行うことで、信頼関係を深め、部下の主体性を引き出し、自分で改善していく力を育てていくことにつながります。

今年もワークやロールプレイを交えて、実践的なセミナーとなりました。

また、事前にお聞きしていた現場のお悩みの解決の糸口を見つける時間も設けました。

参加した方々からは、「楽しく学べ、元気が出ました!」といったお声をいただきました。

姫路市立灘中学校PTA あすなろ教室教育講演会「自分で未来を切り拓く子を育てる」2015.7.10

途轍もないスピードで変化し、先行きの見えにくい今の時代。

「この会社に入れば一生安泰」「この資格さえあれば大丈夫」などという保証は、もう過去のものです。

そんな時代を生きる子どもたちには、「自分で未来を切り拓く力」=「自分で考えて、困難を乗り越えるために主体的に行動できる力(自立力)」が欠かせません。

そんな力を引き出し育てていくために、親や周りの大人を、何を意識し、どんなかかわりをすることが効果的なのか?・・・ワークやディスカッションを交え、体感していただきながらお伝えしました。

宝塚市医師会医療従事者研修会「知っておきたいクレーム対応 基本の“き”」 2015.2.26

医療従事者と患者の関係が大きく変化し、医療従事者への暴言・暴力が取りざたされ、「モンスターペイシェント」という言葉も広く知られるようになってきた昨今。

宝塚市医師会様から「クレーム対応研修」のご依頼をいただきました。

対応に苦慮する患者もいる一方で、医療機関を信頼し、治療を受けているごく普通の患者が大多数である、というのもまた現実です。一般患者からのクレームに対し、慌てず適切に対応するためのポイントをお伝えしました。

研修終了直後、「とてもわかりやすかった!参加して良かった!」という嬉しいお声をいただきました。

ぜひ、現場で役立てて欲しいと、願うばかりです。

「保健だより第27号」高砂市学校保健会・高砂市教育委員会 2014.12.10

7月3日に高砂市学校保健会のお招きで、「自分で夢をつかむ子の育て方」をテーマに、講演をさせていただきました。その講演要旨が、「保健だより」に掲載されました。講演にお越しにならなかった方にも参考にしていただけたら・・・という思いを込めて執筆しました。

(公財)日本電信電話ユーザ協会 港・東京南地区協会 セミナー 2014.7.9

会員の企業向けに、電話応対コンクールなど、様々なセミナーを企画・開催されている団体様から、「叱り方」の研修のご依頼をいただきました。

・「叱り」が効果的に部下に届くために、日頃からどのような関係を築いておくことが重要か?

・そのために、どんな意識を持ち、何をすると効果的か?

ということを踏まえた上で、ロールプレイを交えながら、体感的に叱り方を学んでいただきました。

高砂市学校保健会総会講演「自分で夢をつかむ子の育て方~みんなで子どもを育てる~」2014.7.3

高砂市は、市の教育振興基本計画の重点目標の1番目に、

「変化の激しい社会の中で自立的に生きる力を培う教育に取り組みます」
と、掲げていらっしゃいます。
この「自立的に生きる力」を持つ子こそ、演題の「自分で夢をつかむ力のある子」
周りの大人が、何を意識し、どうかかわることで、そんな力を引き出し育てていけるかについて、具体的なヒントを交えてお話しさせていただきました。

神戸市主催 「~春に向けて踏み出そう~心地よい関係を築くためのコミュニケーション」2014.3.7

神戸市男女共同参画センターで1年間開催されてきた「女性のための自己表現セミナー」の締めくくりとして、

コミュニケーションをテーマにしたセミナーをご依頼いただきました。

告知から短い期間で定員に達し、熱心な受講生の方々に恵まれました。

セミナー終了後、握手や写真撮影を求められ、私としても、大変嬉しく、印象深いセミナーとなりました。

NPO法人マザーズサポーター協会主催 「叱り方検定」 2014.1.18

叱ると人間関係が悪くなるのではないか・・・

つい言い過ぎて、相手を傷つけてしまう・・・

叱ると相手が会社を辞めてしまわないだろうか・・・こんな悩みに応えるべく、始まった「叱り方検定」。

ロールプレイも交えて、みなさん熱心に受講してくださり、今回もたくさんの「叱り方名人」が誕生しました。

 

富士通周辺機労働組合研修風景 2013.11.22

職場委員の方々を対象に、コミュニケーション研修のご依頼をいただきました。

若手が多く、年長者とのコミュニケーションに苦労しているとのことでした。

組合の仕事に取り組む意味や、悩みに直面した時に自分で出口を見つける方法についても

お話させていただきました。

 

パナソニックAVCネットワークス労働組合IPP支部研修風景 2013.11.21

支部委員の方々へコミュニケーション研修のご依頼をいただきました。

全社的にコミュニケーション不足による様々な問題が生じているので、改善していきたいとのことでした。

意識の高い方が多く、現場でのお悩みや質問もたくさん出て、充実した時間となりました。

社会福祉法人みんななかま研修風景 2013.8.19

「職員のチームとしての力を上げたい」というご要望があり、研修を実施しました。

お盆休み明けの暑い中にもかかわらず、みなさん熱心に取り組んでいただきました。

MENU

BLOG

法貴かおり「クヨクヨタイム劇的短縮」更新中!
法貴かおり「クヨクヨタイム劇的短縮」更新中!

COUNSERING

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

LINK